日本語 / English / 簡体字 / 繁体字
  • 会社案内
  • ファインネクスの強み
  • おすすめ事例
  • サービスの流れ
  • Q&A
  • お問い合わせ
トップページ端子・ピンの基礎 > プレス加工・切削加工と冷間圧造加工(コールドヘッダー加工)の比較

プレス加工・切削加工と冷間圧造加工(コールドヘッダー加工)の比較

金属線材を使用する冷間圧造加工は、プレス加工や切削加工と比較してコストダウンが可能です。
以下に、各加工法の比較表を作成致しました。用途別に加工法を選択することが大切です。
ピン・端子の調達をご検討の際には、ぜひ冷間圧造加工のご採用をご検討ください。

  プレス加工プレス加工 冷間圧造加工冷間圧造加工 切削加工切削加工
金型の初期費用
数百万程度

数十万円程度
金型の保守費用
メンテナンス
パーツ多

メンテナンス
パーツ少
材料ロス部分
非常に多い
量産単価
非常に高額
生産性
100万本/月
以上の生産可

低生産稼働率
先めっき材使用での母材の露出
抜き面が露出

先端のみ

使用不可
先端形状 2面R
プレス端子の先端形状 プレス端子の先端形状
4面R
冷間圧造・鍛造加工の先端形状    冷間圧造・鍛造加工の先端形状

Rの角度、寸法は変更可能

2面・4面R
その他特徴
  • 端子ピッチや全長変更は、金型の新規製作が必要
  • 丸ピン加工困難
  • 丸ピンの加工容易
  • バンドリア化によりピッチ変更に対応
  • 端子全長変更は調整のみで金型の新規製作が不要
  • 丸ピンのみ加工可能
別称
  • スタンピング
  • 冷間鍛造加工
  • コールドヘッダー加工
  • フォーミング加工

下記ページで弊社の冷間圧造技術を紹介しております。合わせてご覧ください。
関連ページ:圧造加工(冷間鍛造、ヘッダー加工)

Copyright FINECS All Rights Reserved.